未分類

(2020年9月現在)中国ビザ申請 ビザセンターオンライン予約方法について

僕は現在、中国大連入りをして隔離生活中ですが、

八月〜九月にかけて東京での中国のビザ申請に悪戦苦闘したので、

今現在中国ビザ申請で苦労されているかたの一助になればと思い本記事を記します!

現在の中国ビザ申請の流れ

現在、中国のビザ申請の流れは大まかに以下です。

  1. 中国ビザ申請センターのHP上でオンラインの申請用紙の記入をする
  2. その他必要書類を揃えた上で、ビザセンターHP上でオンラインの申請予約をする
  3. 予約した日に必要書類を提出する
  4. 数日後ビザ発給

以上の流れがベースになります。

が、現在、コロナウイルスの影響でビザセンターの営業日が月〜水に限られていて
それに加え、中国への入国者に対する2週間の隔離措置は継続されているものの、徐々に人の往来が回復してきていることで、ビザセンターが大変混み合っている状況なので
②のオンライ申請予約が混雑しており非常に予約しづらい状況になっています。

中国ビザ申請・オンライ申請にとっておきの方法

そこで今回、僕がどのように無事オンライン申請予約をしたのかについて説明します。

ずばり結論から言うと、
中国系旅行会社に代理申請を依頼するということです。
僕はCTIS・中国国際旅行社を利用しました。
(お金で解決ということです・・・)

なぜ旅行会社が有利かというと
オンライン申請の枠には
・個人申請用
・旅行会社用
という二つの枠が用意されているそうなのです。

 

僕が個人申請用の枠の予約にチャレンジしようとしたときには、全ての枠が埋まっており、
誰かがキャンセルするのを定期的にHPで確認する以外の方法がなく絶望していました・・・

 

そこで、CTIS(旅行会社)に相談したところ、
旅行会社枠は空いているということで

個人枠では「空いていない」と表示されていた日に予約を入れてもらうことができました。

 

もちろん、旅行会社をかますことで料金は倍近くになります。

僕の場合は個人申請なら14000円のところ、28000円を旅行会社に代理申請費用としてお支払いしました。(加急申請)

まとめ

お金と時間との重要度を天秤にかけて決めていただければと思いますが、

現在の状況だと個人申請はかなり時間と労力がかかるので、
旅行会社にまるっと投げてしまうのも、
コスパは悪くないのかなと個人的には思います!

簡単な記事でしたが、現在ビザ申請で苦しんでいる人の参考になれば!

また中国入国に関しての情報共有をさせてもらおうと思います。

-未分類

© 2021 Yota Blog Powered by AFFINGER5